Ikebana × ART Lab.

斎藤ちさとのいけばなブログ。
大学で美術を学ぶのと並行して草月流いけばな教授の祖母に7年ほど師事。華号は<翠舟>
10年ほどのブランクを経て2008年より不定期再開。花と人間の歴史について考えています。

EYES
 

アーティスト野村浩さんに作品(プロジェクト?)の目玉シールを
いただいたので、せっかくだから勝手にコラボ。

泡も入れて撮ったりもしました。


| IKEBANA2012 | 09:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
もしもしの花Vol.3
 

Vol.2もあるのですが、それはまたおいおい。
| IKEBANA2012 | 09:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
もしもしの花


蓮の実があったので生けました。
昭和に活躍した黒電話の受話器みたいにも見えるので
銘をもしもし。とします。
| IKEBANA2012 | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
after bon
 

お盆は終わったのですが、痛んだ花や茎をメンテナンスして
丈を短くしました。
| IKEBANA2012 | 15:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
お盆の花(4


お盆最終日。いつも花を調達するマーケットがお休みだったので
昨日と同じ花を更に短く活け直しました。
IKEAでガラスの花器を入手したので、ガラスに。
こういう場合茎は隠れるようにいけられていることが多いのですが、
ぬけぬけと見せているかのようにいけられないものか。
と考えています。

| IKEBANA2012 | 19:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
お盆の花(3

トルコ桔梗とリンドウが元気がなくなってきたので、
水揚げしやすいように茎を短くして、
白いダリアと唐辛子、デンファレを追加しました。

床の間の様子は割愛します。

| IKEBANA2012 | 20:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
お盆の花(2


暑い時期は腐敗しやすいので、水をとりかえがてら活け変えます。
花器はうっちーのかなり初期の作品。銘を「地球」とつけています。
花器の下に薄板をしくと一気に和風。


| IKEBANA2012 | 18:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
お盆の花


お盆入りしましたので、実家の床の間に花をいけました。
父が3回忌、祖母が13回忌、祖父が23回忌です。
父の好きだったりんどうとトルコ桔梗で、軸に合わせてシックに。


薄板は外した方が、壁と花器のバランスが良いと思うのですが、
撮影した後、母の意向で戻しました。。。


| IKEBANA2012 | 19:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
詫び花(別
 

やはりこちらのカットが(も)良かったと後で思うのはよくある話で、
3/17に投稿した花の別のカットです。

撮ってすぐは精神も高揚していて、鎮静してくるとまた違ったものが見えてくるのですね。
時間が経っていい写真!
と思えるのが良いカットなのだと思います。
だから本当は寝かせる時間を持ちたい。
| IKEBANA2012 | 15:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
クリスマスローズ〆
 

昨年の3/21の黒い雨から一年。
それでもけなげに咲いてくれたクリスマスローズたち。
ありがとう。

| IKEBANA2012 | 09:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE