Ikebana × ART Lab.

斎藤ちさとのいけばなブログ。
大学で美術を学ぶのと並行して草月流いけばな教授の祖母に7年ほど師事。華号は<翠舟>
10年ほどのブランクを経て2008年より不定期再開。花と人間の歴史について考えています。

ギボウシとセージ

昨日と同じ花材ですが、少し増やしました。
祖父の残したギボウシと母の育てたハーブや蔓植物の花。

 
| IKEBANA2014 | 19:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
晩夏


セージとギボウシを中心に
実家の庭にある花だけでいけてみました。

 
| IKEBANA2014 | 16:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
松とトルコ桔梗
 

お正月の松がまだ生きてる。
| IKEBANA2014 | 21:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
交互に
 

造花と生花と交互に撮っていきます。
ふと考えたら、今私たちが花屋さんで入手している花の多くは
品種改良の結実であって、人の手が加えられ改良に携わった人々の
精神の反映であるのだと。
人工生命であって、決して野に咲くように自然ではないのですね。

興味深いことです。
| IKEBANA2014 | 18:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
擬山2
 
| IKEBANA2014 | 07:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
擬山
 

造花で山の擬態を試みています。
| IKEBANA2014 | 20:39 | comments(0) | trackbacks(0) |