Ikebana × ART Lab.

斎藤ちさとのいけばなブログ。
大学で美術を学ぶのと並行して草月流いけばな教授の祖母に7年ほど師事。華号は<翠舟>
10年ほどのブランクを経て2008年より不定期再開。花と人間の歴史について考えています。

<< 2011年度テスト課題 | main | 7/29:映像とアートアニメーション >>
7/22:いけばな

前半は、いけばなの歴史の話。


後半は、いけばな作家の志村みづえさんをゲストにお招きして、
花の仕事についていろいろなアイディアを伺いました。

ルッコラの種を育てる水平のいけばな「なにがなにやら皆咲いている」

植物を天に向かって立てる。
というのはいけばなの前身の一つである神事で今でも見られる形式です。
椿の木を立てて、足元に花の蜂蜜で出来たキャラメルを配して、
鑑賞者に味わってもらう作品。
「GOOD TASTE IN ART」


花を食べながら、人間が他者の命を奪わないと行きて行けない業を考えるプロジェクト。
「食花」(写真はラムレーズンのチーズボール)
 





| 農大(授業リスト | 12:35 | - | - |