Ikebana × ART Lab.

斎藤ちさとのいけばなブログ。
大学で美術を学ぶのと並行して草月流いけばな教授の祖母に7年ほど師事。華号は<翠舟>
10年ほどのブランクを経て2008年より不定期再開。花と人間の歴史について考えています。

<< クリスマスローズ・フェチダス | main | ススキ >>
立花

2009年の年末から2010年のお正月にかけて東京江戸博物館で「いけばな」の
展覧会が開かれました。
良い勉強の機会なので、私は2度行き、入手したカタログの古典の
形式や成り立ちを未だに何度となく眺めています。
2度目は華道家の志村みづえさんに同行してもらって、以降彼女とは
時々いけばなの勉強会というと大げさですが、情報交換をするようになりました。

この花は室町時代に成立した「立花」の形式を意識しています。
本来の決められた形からかなりアレンジしてしまっていますが。

 
| IKEBANA2010 | 17:08 | - | trackbacks(0) |
この記事のトラックバックURL
http://contemporary-art.geppei.com/trackback/1216490
トラックバック