Ikebana × ART Lab.

斎藤ちさとのいけばなブログ。
大学で美術を学ぶのと並行して草月流いけばな教授の祖母に7年ほど師事。華号は<翠舟>
10年ほどのブランクを経て2008年より不定期再開。花と人間の歴史について考えています。

<< 変動 | main | 命日の花 >>
数寄とポーランド
 

「へうげもの」に利休をはじめ、桃山時代の数寄者たちが、乙な形の
瓢箪に花をいけて茶会に臨む描写が出てきます。
そんな影響から
近所のフラワーショップで見かけたひょうたん型の花瓶がずっと気になっていたところ、
家人がプレゼントしてくれました。
嬉しい!
またひとつ年を重ねましたので、深みのある作品が出来るように頑張ります!

花瓶はmade in polandとありました。
ポーランド製のひょうたん(!)

初回は庭のクリスマスローズを。
余談ですが、庭は昨年末に市が放射線量を測定に来ました。
土のあるところは0.3とか0.4マイクロ。
解ってはいたけど、やはりがっつり汚染されています。
この可憐な花たちも。

本当に大事なことが目に見えない時代になったことを実感します。
| IKEBANA2013 | 16:04 | - | trackbacks(0) |
この記事のトラックバックURL
http://contemporary-art.geppei.com/trackback/1216541
トラックバック